FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸洗浄。

2012年03月25日 13:14

部分的に、かなり汚れ、錆びが進行してます。
まず目に付くのがVブレーキ周り。
鉄製のボルト・ネジ類は、赤錆が厚い感じです。
bk001
とりあえずクリーニングが必要。と言うことで分解。
いつもであれば磨きにて対応するのですが、今回は新しいアプローチを。
そう「酸洗浄」です。
酸の力で錆びやら何やらを分解してもらうわけです。

調達する酸は、トイレの洗浄剤「サンポール(相当)」。
塩酸が9%ほど含まれていて、これで十分な効果があるらしい。

早速、100円ショップで相当品を調達。
とりあえず4倍希釈液して、漬込み開始。
投入後、対象物から猛烈に細かい泡が発生。
どうやら早速反応を開始している模様。

結果はこんな感じ。
bk002
かなり洗浄された感じ。
この方法の良いところは、磨きの及ばない細かいところまで処理できるところかな。
まあ、楽チンだし。

気をつけなくてはならない部分は、他の部分も反応してしまうところ。
うっかり数時間漬込んでしまったメッキパーツは、メッキの地肌が荒れてしまいました。
錆びなどは真鍮ブラシ等の磨きを補助的に織り交ぜて、反応時間を少なくする配慮が必要そうです。

酸洗浄は完了。なかなか良い手法と理解。
今後も積極的に取り入れて行きたいです。

さて、考えなくてはならないのは、この洗浄後。
現在、酸化皮膜やら何やらが全て剥ぎ取られた状態。
このままにしておくと必ずや元の状態に。

ここは、何かしらのコーティングを施したいところ。
今の素案は、「自家めっき」。
どのレベルのメッキになるかは不明。
ただ、家にある材料で始められそうで敷居が低そう。
廃液処理の方法を含め検討を開始します。
まずは、トライアルを。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://naga1200s.blog104.fc2.com/tb.php/191-2e86f462
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。